Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

駅のバリアフリー音響

March 4, 2017

 

駅のホームで流れている鳥の鳴き声。

これ、気にしたことがあるだろうか。

10年ちょっと前から少しずつ増えてきて、今ではほとんどの駅で採用されている。

いろいろ聴いて回ったら、鉄道事業社によって鳴き声が違うことがわかった。

でも「鳥の鳴き声」っていうのは皆同じ。

ホーム上の階段入り口上部にスピーカが取り付けられていて、絶え間なく流れ続ける。

ピーピーピーピーうるさくてしかたがない。

今ではずいぶん認知されてきたようだが、これは視覚障害者へのバリアフリー対策の一環で、

「ここに階段がありますよ」と教えてくれるもの。

それを鳥の鳴き声でサイン化しているのだ。

なぜだろうと思って調べたら、国土交通省の指針に「鳥の鳴き声を模した音響案内」

というのがあって、みんなこぞって鳥づくしになってしまった。

国の指導なので、急激に普及したんだろう。

 

 

こちらは、一般的なJRの駅で流れているもの。