OUR CONCEPT

五感のバランスをつくる

 

空間は五感のスペシャリストによってつくられます。

つくるのは「ヒト」です。

 

ひとつの空間をつくるとき、

スペシャリストは各々のフィールドで素晴らしい仕事をしています。

まさにプロフェッショナル。

でもよく見てみると、みなバラバラに動いていることに気がつきます。

光は光、音は音、緑は緑、みなそこで完結しています。

もし横の連携ができたなら、、、

光を意識して音をつくる、緑を気にして光をつくる、音を意識して彩りをきめる、、、

プロフェッショナルとプロフェッショナルをつなぐことが大切。

各々に相乗効果が生まれ、

五感のバランスがとれた、素敵な空間演出が実現します。

 

それはスペシャリストだけの話ではありません。

生活するすべてのヒトの感性をつないでいくことでもあります。

デザインのある生活。空間を感じ、五感を楽しむ生活。

そんなライフワークをつくりたいものです。

 
 

シーンをつくる

 

空間演出とは「箱」をつくることではありません。

つくるのは「scene」です。

 

それは空間を訪れる人々が感じるひとつのドラマ。

そこには五感でつくるストーリーがあります。

 

Joyful Exciting Spiritual Fantastic Amazing。。。

 

五感でつくる様々な「scene」は

感情を引き出し、感覚を刺激します。

 

しっかり「デザイン」され、「演出」すること。

それが「感動」をつくることです。

 

音にこだわる

 

五感の中で、ついつい忘れられがちなものがあります。

それは「音」です。

 

なぜか軽視されがちな「音」。目に見えないからでしょうか?

しかし、音がもたらす効果は計り知れません。例えば、、、

 

音には「空間に時間の概念をもたらす力」があります。

音には「空間を立体的に見せ、動かす力」があります。

音には「空間の色彩や質感をつくる力」があります。

そしてなによりも「ストーリー性を生みだす力」があります。

 

五感の演出に音があるのは当たり前。

特別に後から付け足すものではないのです。

 

空間演出における音の存在は、映画やドラマの音楽の役割にとても似ています。

まさに空間で展開される「劇伴」(サウンドトラック)です。

もし、映画STAR WARSに、あの音楽がなかったら、、、

 

もう説明の必要はないでしょう。

© 2017  - Team Gokankobo 五感工房

A BETTER SPACE、A BETTER LIFE 五感でデザインする空間演出